■今日もはれ
sa55t.exblog.jp
Top
<
タグ:ist Ds ( 20 ) タグの人気記事
<
■ オールドなギター
もうずいぶん前に、20年以上は経っているだろうか、いつか息子が生まれたらとギターを買った。
ネックが虎目の綺麗なストラト。サテンな肌触りも握りも凄く良い。
そしてオールドになったギターを、もし弾きたいならプレゼントしようと準備していた。
確かにギターはろくに弾かないままオールドになり、パパもそのままオールドになってしまった。
どちらかが弾くのかな、興味がないのかな。
あと10年もしたら欲しがるか?
こういう父親って良い者??

b0113131_511292.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-10-16 05:02 | その他
<
■ 日記
9月27日(土)
子供たちの運動会の日なり。歩いて小学校まで行き、コーの走るのを見る。疲れる。
夜XXのとろで夕食
急に寒くなる。毛布を出す。

9月28日(日)
白紙


お前たちの運動会を楽しみにしていたジージ。
すごく喜んでいたそうだ。
絶筆までお前たちのことばかり気にかけて・・・・。


b0113131_21564329.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-10-01 22:19 | 日本
<
■ 夢の予約
ココはwebで予約を入れる。
もちろん何ヶ月も先までびっちり予約満杯。
でも、家はもう5回ほど行っている。
いけそうな日の前日にwebで覗いてみると結構キャンセルがあるのですかさずポチ。
こうやって夢の国の予約を入れる。

DS/Ricoh55f1.2
b0113131_0345062.jpg
b0113131_0352340.jpg
b0113131_036077.jpg
b0113131_0362777.jpg
b0113131_0365798.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-06-03 00:38 | 日本
<
■ ベセラー悲惨
パパのベセラーが使われなくなって、というより暗室がお前達の寝室になって(ホントは逆で寝室を暗室にしていたね)久しい。
ホコリをかぶらないようにゴミ袋はかけてあるが・・・・。
スキャナは買って、でも何千枚も焼いたベセラーの代わりになんかなりゃしない。
待ってろよベセラー、暗室作ってやるから。あと少しだ。
しかしお前達が使う頃、全ての感材は手に入らないだろう。

日本に帰ってみるとバットがクワガタの鑑賞ケースの水を入れた台になっていたり、リールが散逸したりで、だんだん色んなものが崩壊しつつある。そんな中にも春はそこまで来ていた。

b0113131_1533225.jpg
b0113131_1551477.jpg
b0113131_1555498.jpg
ist DS/Ricoh55f1.2
[PR]
by sa55t | 2008-01-15 01:59 | 日本
<
■ ランドセル2 決別
KCN、このランドセルは、ある意味兄との決別の始まりかも知れない。
お前は今まで、何でもかんでも兄について回り、友達もほとんど全て兄の友達だった。
朝起きてから寝るまで、いやいや生まれてから今までずっと兄と一緒。
このランドセルを背負って通い出す小学校は、お前の、自身の社会生活の始まり。お前の世界の始まり。
兄とは別の世界をを渡っていくことになるだろう。
兄弟別々の世界で、それぞれの価値観で、各々の家庭で生きていくことになる第一歩がこのランドセル。

AKNもKCNも元気に羽ばたいて育っておくれ。そんな気持ちも込めて父はこのランドセルを買った。


b0113131_3295659.jpg
RD1/V28

b0113131_3302960.jpg
b0113131_331417.jpg
ist DS/Ricoh55f1.2
[PR]
by sa55t | 2008-01-10 03:35 | 日本
<
■ 東京またね
今日、パパは出発だ。
またね、とAKNの作った賽銭箱に100円入れて旅の安全を祈願。
ママの言うことを良く聞くんだぞ。
嗚呼、楽しかった宴のあと・・・・・・・・。


b0113131_4555320.jpg
b0113131_4561258.jpg
b0113131_4562949.jpg
istDS/Ricoh55f1.2
[PR]
by sa55t | 2008-01-05 04:58 | 日本
<
■ 午睡
ウトウトと初夏の木漏れ日の中で本を読む。
宮部みゆきと志水辰夫
「火車」と「ラストドリーム」

火車。ローン地獄の怖さ、犯人も被害者も出てこない怖さ。
宮部の中でも一二を争う面白さ。「燔祭」や「クロスファイア」の
青田淳子のような孤独な主人公は相通ずるものがあり、そんな孤独な犯罪に時間をわすれる。

ラストドリーム。相変わらずの志水節だが老境に入った志水が事件性も無く淡々と話を進める中に「餓えて狼」「背いて故郷」「行きずりの街」のスピード感はなお健在。
事件になりそうでならなくて、老獪な大人のミステリー。
b0113131_416041.jpg
RD1/M-Rokkor40f2.0
b0113131_4162728.jpg
istDs/M35f2.8
[PR]
by sa55t | 2007-09-25 04:21 |
<
■ 二眼レフ
パパのメインフォーマット。もうずいぶんとお蔵入りだ。
おまえたちが生まれてから、使用頻度は落ちたね。だからおまえたちも目にすることは少ない。
おまえたちの生まれる前は、これとの戦い。66とBW。何千枚焼いただろうか。で、上がりは何枚?

「ブーローニー?」「120?」写真屋で意味が通じない。
「大きなフォーマットのフィルムが欲しいンだけど」
「昔、あったね。今はない。デジタル画質最高だよ」
馬鹿か、おまえら、逝って良し。
仲間のカメラマンを通じて輸入元を調べてもらう予定だが、埒があかない。奴もデジだけだしね。
しかし、フィルムがあってもしょうがない。三脚立てて街で撮ろうものなら、もの10分も持たないだろう。現像は、取り込みは。問題山積み。

早く、暗室を作ろう。おまえたちも使うかな?おまえらよりもママが使うか。
パパはどんどん歳を取る。早くPGIに持ち込みたいね。ツァイトはだめみたい。
オーナーと感性が違うようだ。
b0113131_23461086.jpg
ist Ds
b0113131_234710100.jpg
ist Ds/Sigma17-70
[PR]
by sa55t | 2007-08-18 15:43 | camera
<
■ ディアハンター
昔むかし、パパは初めてヘリコプターという物に乗りました。
アイルランドの知り合い、ロバートが乗せてくれました。
ダブリンの自宅から友人のいる島まで、3-40分のフライト。
ロビンソンのR22だったような。R2かな?で、ロバートは途中で操縦桿を放し、パパは助手席からその操縦桿を握る羽目に。
もちろん操縦なんて出来ないし、ほんの1-2センチ操縦桿を動かしただけで、ヘリは思いも掛けぬ挙動を繰り返す。
でもロバートは、ちゃんと手足を出してくれてバックアップはとっていたのでした。

そんな中、ある海岸線に漁網に絡まった鹿を発見。すぐ近所に着陸して鹿の救出に。
しかし野生の中鹿ではあったものの、ものすごい力。浜にいた人も加わって、大人3人でやっと押さえ、
なんとか角に引っかかった漁網を取ると、さらにものすごい力で、3人をふりほどき、海へ駆け入りそのままイギリス方面へ泳いでいったのでした。

当時 びっくりしたこと。鹿は角から多少血を出す事。鹿は泳げること。
当時の映画になぞらえ、俺たちはディアハンターだと,パブで自慢げにぬるいギネスを飲みながら話すロバートでした。

b0113131_153387.jpg
ist Ds/Sigma17-70
b0113131_163929.jpg
ist Ds/Sigma17-70
[PR]
by sa55t | 2007-08-14 01:12 | 南ア
<
■ 木
この夏、AKNはずいぶん大きく逞しくそして黒くなったそうだ。
どんなに立派になっているでしょうか。もうパパは抱っこ出来ないぐらいかな。
少し、いや大いにパパは悲しい。どんどんパパの知らないところで大きくなる。

この地方に古い伝説がある。サバンナの地平線の彼方に燃え立つ木があるという。
まだ、誰も見たことのない木。灼熱の太陽の下、枯れることもなく永遠の緑を保つという。
ライオンもキリンもサイもみんな吸収されて木だけが大きくなる。
これを見つけた者は永遠の富と命が与えられ、しかしこの木とともに過ごさねばならない。
どんな木なんだろうね。パパに見つけられるだろうか?見つけても木に魅入られ、結局木の餌食。
b0113131_18552717.jpg
ist Ds/Sigma10-20
[PR]
by sa55t | 2007-08-11 18:57 | 南ア