■今日もはれ
sa55t.exblog.jp
Top
<
タグ:Sigma17-70 ( 5 ) タグの人気記事
<
■ ディアハンター
昔むかし、パパは初めてヘリコプターという物に乗りました。
アイルランドの知り合い、ロバートが乗せてくれました。
ダブリンの自宅から友人のいる島まで、3-40分のフライト。
ロビンソンのR22だったような。R2かな?で、ロバートは途中で操縦桿を放し、パパは助手席からその操縦桿を握る羽目に。
もちろん操縦なんて出来ないし、ほんの1-2センチ操縦桿を動かしただけで、ヘリは思いも掛けぬ挙動を繰り返す。
でもロバートは、ちゃんと手足を出してくれてバックアップはとっていたのでした。

そんな中、ある海岸線に漁網に絡まった鹿を発見。すぐ近所に着陸して鹿の救出に。
しかし野生の中鹿ではあったものの、ものすごい力。浜にいた人も加わって、大人3人でやっと押さえ、
なんとか角に引っかかった漁網を取ると、さらにものすごい力で、3人をふりほどき、海へ駆け入りそのままイギリス方面へ泳いでいったのでした。

当時 びっくりしたこと。鹿は角から多少血を出す事。鹿は泳げること。
当時の映画になぞらえ、俺たちはディアハンターだと,パブで自慢げにぬるいギネスを飲みながら話すロバートでした。

b0113131_153387.jpg
ist Ds/Sigma17-70
b0113131_163929.jpg
ist Ds/Sigma17-70
[PR]
by sa55t | 2007-08-14 01:12 | 南ア
<
■ 誘拐
この子が誘拐された。4-5歳ぐらいだろうか?おまえ達とほぼ同じ。
イギリス人がポルトガルで。そしてこんな遠くまで貼り広告。
そして、ものすごい報奨金。6億5千万円!!
街には同様の、たたみ二十畳ほどの電飾看板も出ている。
ものすごい広告費。たぶん各国で出ているだろう。もう本当の金持ちだ。
飛行機で遠くまで連れて行かれたんだろうか?
b0113131_17175340.jpg
fz7
b0113131_1720537.jpg
ist Ds/Sigma17-70
[PR]
by sa55t | 2007-07-19 17:26 | 南ア
<
■ ダーバン
ダーバン。
ここは渡ってきたインド人の多い街。
海の街。湿気の街。暑い街。
冬の今日も30度。
b0113131_2263947.jpg
FZ7

ここでもワールドカップの試合はあるんだろう。
本当に無事に開催出来るか大きな疑問。
まずは公共交通機関がない。安心して乗れるタクシーもない。
b0113131_2285685.jpg
ist Ds/Sigma17-70

道の先がインド洋。大きな海だ。インド、タイそして太平洋と繋がる。
b0113131_2214071.jpg
ist Ds/Sigma17-70
b0113131_22163726.jpg
FZ7
[PR]
by sa55t | 2007-07-15 22:21 | 南ア
<
■ サッカー大会
家の前を駆け抜けて、これから小学校のサーカー大会の応援です。
b0113131_2341892.jpg
ist DS/Sigma10-20



子供たちは晴天の下、元気にサッカー。
b0113131_2372642.jpg
ist DS/Sigma17-70

あれ、ここはスローインじゃないの?
b0113131_2412057.jpg
ist DS/Sigma17-70

で、青組の優勝! おめでとう。 黄色は来年頑張ろう。
b0113131_2441351.jpg
ist DS/Sigma10-20
[PR]
by sa55t | 2007-07-09 02:47 | 南ア
<
■ 7月7日 今日もはれ
今日もまた晴れ。
b0113131_23291566.jpg
ist Ds/Sigma17-70


最近は毎日毎日晴れ。
気持ちは良いけれど、あんまり長く続くのもどんなモンでしょう。

------------------------------------------
こんな毎日晴れている、こんな場所で、写真も交えながら日常をぽつりぽつりとアップしていきます。将来これを読むかもしれないAKNとKCNの為に。

パパの日記は昔から三日坊主。で実際に考えてみると書き出し初日のページはあるものの、
後は白紙が延々と続いていたような記憶がある。そんな昔の記憶をたどらなければならないほどの以前にやめてしまった日記。
果たして、何日いや更新なんて出来るかな??こんな感じで今深夜発信予定。

よく考えてみるとパパの父、そう「じーじ」がどういう青年成年壮年を送ったか記憶に定かでない。
いつも一緒にいたがじーじが何が好きで何を考え何をしていた人か定かではない。

お前達もこのままだとパパがどんな、イットキをどんな風に生き、何を考えていて、何に興味があったか、一緒に暮らしているとそんな事を語る機会もないだろう。ならいっそ、いつ壊れるか潰れるか分からない電子データではあるけれど、ある時父はこう考えた、こんな事をしていた、こういう風にお前達の事を考えていた、そんなことが将来これを読んで分かるように日常を語っていこう。

お前達が二十歳になるころにこのデータは存在するのだろうか。それが気がかり。

2007年7月7日 七夕を南アフリカで向かえた父
b0113131_23304794.jpg
ist Ds/Sigma10-20
[PR]
by sa55t | 2007-07-07 04:56 | はじめに BLOGの成り立ちなど