■今日もはれ
sa55t.exblog.jp
Top
<
タグ:Nokton58 ( 12 ) タグの人気記事
<
■ 心中
お前たちと同じ歳の兄弟。
弟は母を追いかけ、兄は踏みとどまっていたという。
母はどんなに悔しい思いで踏切に入っていったのだろう、そして弟は母から離れられなかった。
保護されたとき9歳の兄は踏切横で呆然としていたという。昼間の2時。
パパはオフィスで泣いた。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年 2月11日20時27分配信 毎日新聞

11日午後2時35分ごろ、群馬県伊勢崎市安堀町のJR両毛線安堀第1踏切で、
母子とみられる2人が高崎発伊勢崎行き下り普通電車(2両編成)にはねられ死亡した。

県警伊勢崎署の調べでは市内のパート女性(40)と小学校1年の次男(7)とみられる。
踏切そばには小学4年の長男(9)が残されていた。母親はいったん1人で踏切に入ろうとしたが、
追いかけてきた次男を抱えて踏切内に入ったという。電車の運転士は、女性が男児を抱えて踏切に入るのを目撃していた。

現場近くに止められた女性のものとみられる軽乗用車内から遺書が見つかった。
同署は女性が自殺を図り、次男を道連れにしたとみている。

b0113131_0234823.jpg

[PR]
by sa55t | 2009-02-20 00:58 | 日本
<
■ 盗作
最近廃墟系写真の写真家の写真が盗作で話題になっている。
動機はどうであれ、絵的にはすごく似ているし、アングルも立ち位置も酷似している。
どうも原告の写真を下に同じところに出かけていって撮っているように見えるが、この、撮影場所、撮影被写体、その画角や立ち位置など、これを法的に裁くのは相当難儀することが予想されるし、逆に酷似した撮り方が知財となり法的に保護されるかどうかは相当な議論になるであろう。
これを盗作と言えるのだろうか?
しかし素人目に見ても盗用にしか見えないアングルや対象は、被告が仮に勝訴したとしても、盗作作家としてのレッテルを貼られて活動しなければならないことを考えると、場合によっては写真家生命に休止符を打ったことになる。
自分なら人と同じ写真は撮りたくないと言う基本があって、もし同じ場所で同じコマなどが有ったら没にしてしまうだろう。人とは違うことをするを旨としているからだ。

そしてBLOGを始めてからすごく不思議に思うこと。それは人のBLOG写真の盗用。
まさに現物の盗用だ。しかし倫理観を話題にしたいのでは無く、その発見過程が謎だと言うお話し。
私が「お気に入」っていたお二方が既に盗用を理由にBLOGを閉じられ、盗用しにくいプロバイダーへ移行した。
その理由が何とも謎で、お二人とも曰く「自分の写真の盗用を他のBLOGで発見し、もしくは友人が発見して連絡してくれた」というもの。
この世界に何億とあるBLOG掲載写真からどうやって自分の写真の盗用を発見できるのか?
コメントやテキストならば、何かの僥倖でググッて検索に引っかかる可能性は無いとは言えない。
しかし写真となると、これはもう日本に限ったとこでは無くなるので、この浜辺の砂から一粒を見つけ出すプロセスとはいったいどういう仕組みか、どうしても解せない。

では自分の写真はと言うと、盗用されるほどのものでは無いと言う前提であっても、仮に無断使用されればそれはそれで面白くない。
100%無いとはいえ、それが商業使用され、幾ばくかの収益が出ているのであれば、これは言語道断で断固としてギャラを請求したいほどのビンボーである。
そこで一応、防御策をはっている。

1.透かし
なるべく写真のじゃまになるように透かしを入れる。
これは誤解している方がいて、写真の邪魔になるので「透かし」をずらしたら等のアドバイスを受けることがあるが、それでは基本要件と違ってくる。
画像の端にかわいく透かしや文字を入れている方がいるけれど、これは盗用防止の観点からは役に立たない。
しかし、一枚に10個も透かしは入れない。もちろん何の写真か分からなくなるからである。
2.画質
これも再利用不可になるように画面上だけで満足のいく画質にすべきであろう。
自分の場合は極力50K以下になるように圧縮しているが画面上では、まあまあの画質であろう。
これとは逆に極力一枚の絵を最大の大きさで貼ってくる方もいるが(高画質で見てもらいたい気持ちは痛いほど分かるけれど)開くことが重く、開かずにすぐに別のところに行ってしまう可能性が高い。これでは盗用もへったくれも無いものである。しかし盗用されれば多少の利用価値は出て来る。

と、2つの対策は施してはいるものの、盗用自体は実際ないんだろう。
それよりも、盗用されるような写真を撮るのが先決かも知れない(笑)

b0113131_1274988.jpg

[PR]
by sa55t | 2009-01-19 02:22 | その他
<
■ 総力特集!(仮想)ボケボケ座談会 Bokeh-L教授大いに語る!
sa55t(以下sa)
いやいや本日は遠いところまでお越し頂きましてありがとうございまぁす。
ご紹介致します、アイルランドにお住まいの王立名玉分析大学正教授のBokeh-L教授http://www.oldlens.com/)です。パチパチパチパチ。
Bokeh-Lさんは日本でも指オリの滲みレンズの評論家で、レンズを探して三千里、現在ダブリンに住みながら毎週のように英国に侵攻してはレンズを漁っているとの「超噂の」方でございます。

Bokeh-L(以下bokeh)
いやいやアイルランドからココまで遠かったですぅ。ってココってどこ?

sa
どこって、ご覧下さいこの青い海。教授、モーリシャスですよ、ここは。
b0113131_4232861.jpg
FZ7

bokeh
おっおおっ、思えば遠くに来たものだ。

sa
さて今回は私の最近購入致しましたTopkon 復刻Nokton58mmf1.4のボケについて伺いたいわけです。

bokeh
私などはあくまで素人ですから(謙遜)、、、。専門的な見方はできませんので(謙遜)、コメントを差し上げるなどとはお恥ずかしい限りですが(謙遜)、それでもよろしいのでしょうかねえ。
ところで、今回のレンズはかつての「トプコール58mmf1.4」の復刻版のさらに再生版という感じなのですね。

sa
です、呼称がややこしいですが、要は「コシナの58mmf1.4」で良かろうかと。

bokeh
トプコンのレンズはだいぶ以前のカメラ毎日の「カメラレンズ白書」での評価が頭に残っています。他のメーカーのレンズと大きく異なっていた点として、極端な周辺画質落ち傾向を持っているレンズが多いことでした。ま、これはちょっと参考にということで。
b0113131_4261638.jpg
こういうものまでアイルランドに持ち込まれてる??すんげー。

sa
今の基準で言うと、なんと言うんでしょう技術力の無さ?

bokeh
私も当時は「ダメレンズなんだ」と一方的に思って、読み飛ばしていたものでしたが、最近はむしろ逆の意味でそれを思い出して、改めて読んでいたところです。
「もしかしたら、かなり好みの滲みレンズだったのではないか」と。

sa
今時の無個性逆ギレ良く切れるレンズではないと

bokeh
まあまあ、いずれにせよ、元来「収差持ち」傾向の会社ではあったようですね。
今回のコシナレンズは、レンズ構成は似ているようで東京光学のものとは少し異なっているように思います。
オリジナルのTopcorでは第2群は貼りあわせになったいますが、このレンズは間に空気レンズを入れてますね。

sa
空気レンズとな

bokeh
はい、オリジナルTopconレンズはライカですとSummiluxズミルックス50mmf1.4の初期段階のものと構成が似ておりましたが、このNoktonはノクチルックスNoctilux50mmのf1.0やライカRのズミルックスSummilux50mmf1.4と同じ形になりました。

sa
ノクチ?? ルックス??おおおおおおおぉぉぉぉ!!!
教授、この腕見てください、この鳥肌?

bokeh
寒いんですか?ここは南の島ですよ。Oh! No チキンスキン!
最近ノクチの値段が高騰しているせいか、過剰反応される人が増えましたね。f1.0などは1年前には10万円台で買えたレンズでしたけど、今は倍以上のようですね。
さてさてこの描写はちょっとびっくりです。お子様の写真はなにも申し上げることはないですね。ピント部分も、ボケ部分もクリアかつ素直でいい表現のレンズだと思います。
b0113131_430276.jpg
D50/Nokton58
sa
つまらない絵になるという事ですか?

bokeh
いやいや綺麗にぼけているということですよ。
問題は近距離ですね。この下の2点ですね。
最短が45cmとなっていますので、ここまで寄って撮れるということは素晴らしい(ライカマウントでは遥かに無理)のですが、近距離でここまで収差が乗るとは、大変に予想外です。というよりもあまり他のレンズでは見たことがありません。
b0113131_4325795.jpg
b0113131_4331631.jpg
D80/Nokton58
中央部はきわめてクリアで、滲み、フレアの類は全くないですね。球面収差はあまりないか、あってもうまく補正されているように思えます。

sa
中心部は宜しいと、メモメモ。

bokeh
ポイントは周辺部ですが、驚くべきことに中心を外れてあまり周辺に行かない部分でも、かなり大きくボケが変化しています。
1.5mくらいで撮ったと思われるお子様の写真にはそのようなボケの変化は微塵もないだけに、かなり特異な現象のように思われます。

sa
私には怪奇現象に見えるボケですが。

bokeh
ボケの形(光る部分が画面の中央を向いて弧を描いている)からするとコマ収差の要素が強いのでしょうかね。
最近のレンズでも高倍率のズームなどでは結構コマ収差が残ってしまっているものを見かけますよ。
このボケ方ですと、やはりボケの輪郭も偏っておりますし、規則性も強すぎることから、あまり美しいとは感じられないかもしれませんね。

sa
私的には怪奇現象かと。

bokeh
ただ、早計は禁物。今回のような白と黒のコントラストが強い被写体でなければ、思ったより良い味わいが出ないとも限りませんので、ぜひ試されたほうが良いと思います。
b0113131_4352332.jpg
D80/Nokton58

bokeh
saさんは、この絵をどう判断されますか?

sa
いわゆる普通のボケで私的はこれで十分綺麗と判断しています。後ろのマルマルは好きですね。

bokeh
それにしても個人的にはこのレンズの全個体がこの形で近距離のボケが出るとは考えにくいように思えます。
お持ちの個体特有の現象なのかも知れません。

sa
何なに、この鉄腕アトムが飛び回る価格の科学の時代に個々の個性がるぅ。
なんかスンゲー話になってきましたね。

bokeh
低コントラストの被写体でいい近距離ボケが得られれば、当りレンズともいえるかもしれません。
こんなところでどうでしょう、とりあえず印象を述べさせていただきましたが。

sa
教授の帰り便の時間も迫ってますね。
わかりました、低コントラスト近距離の条件で色々テストし自分なりの結論を・・・・。
酷いなら酷いなりにそれを個性と、そして綺麗にうまくぼければこれは当たりだと、
うまい具合に解釈をしていきたいと思います。

bokeh
最後にオマケということでUltron40(これはSL2でNIKON用ですね)人物像は極めてクリアですね、レンズの描写も作品を大きく盛り上げる要素になっていると思います。良いんじゃないですか、このレンズ。
{Ultronで撮った男}
b0113131_439533.jpg
D80/Ultron40

このカメラ、R−D1の画像ですが、コマ収差と思われる部分は目立っていませんが、左上部の文字部分、ボケの輪郭の強さが、まだかなりあるようです。少し過剰補正気味のレンズなのかも知れません。
{Ultronで撮ったRD1}
b0113131_4404717.jpg
D80/Ultron40

sa
大手だったらこういうのはなかなか作り得ないと勝手に解釈させて頂きます。
なかなかやるじゃないかコシナ!!

bokeh
ご参考に、Hektor73mmで同じような画面を作ってみましたので、ご比較ください。
b0113131_4414382.jpg
b0113131_442130.jpg
Hektor73mm

sa
へくとるですかぁ・・・・・、結構癖があると聞いていますが教授が撮るとこんなに綺麗にも撮れるんですね・・・。

教授、今回はこんな遠いところ?まで来て頂いてありがとうございました。
貴重なご意見でした。
私はボケているか全ピンかぐらいしかわからない人間ですが、これを機にボケにも十分注意を払っていきたいと思います。

と、短い時間でしたがレンズの詳しい解説頂き、大変勉強になる座談会でありました。
bokehさんは冬のさなかのアイルランドへと帰って行かれたのでした。

後日談ですが、実はNokton58mmf1.4を買ってすぐに箱根でD50ごと落下させております。
コンクリートに落ちましたがレンズには傷がなく、どうもフードから当たったようです。(フードへこみ)そしてゴロゴロと転がりました。
これが「固有」の個性が出る原因でしょうか、そのうちコシナで見てもらいましょう。
[PR]
by sa55t | 2008-02-03 05:10 | camera
<
■ ギター2本の会話
JB:オイ、シーガル、おまえどうだ最近?
シ:あんたこそなんですか、最近来たばっかりのくせに。
JB:オークションで落とされ、はるばるここまでやってきた。疲れたぜ。
シ:私も埃にまみれた人生。カナダで生まれたんだけど、その後すぐにここに。最初はアフリカって事で凄く期待したけど、結局売れ残りの埃まみれの展示のまま。
良く、こんなんで売れたと思うよ。ま、捨て値だけどね。
JB:そっか、苦労したんだな。
俺なんか、国もわかんねぇ。祖先はアメリカらしいが、俺は日本生まれだし、でも店では外人って思われてるし・・・・。

JB:オーイ、イバァ!
アイバ:zzzzzzzz
シ:ここ外国だからアイバかもよ。
JB:おおっ、しかりしかり。オーイ、アイバ!!!
アイバ:zzzzzzzz。

休みの日にはギターを弾いて・・・・というはずだった。
休みはおろか、一人住まいは退屈の連続のはずだった。
だから大量に文庫を持ち込んだ。200冊は持ってきた。帰国する度に新しい本を持ち帰るので
200冊は一向に減らない。
休みの日は時間がありあまるはずだった。弾きもしないで持っていたギター、少しは弾けるようにと持ち込んだ。ピックも弦も大量に持ち込んだ。ピックはすり減り弦は切れまくるはずだった。

結局お飾りのまま。ナイルロジャースにもアルマッケイにもなれなかった。

RD1/Rokkor40
b0113131_4303623.jpg

D80/Nokton58
b0113131_4319100.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-02-02 04:35 | 生活
<
■ 停電 シムシティー
シムシティーをご存じだろうか。街の体裁を整え住民を増やし大きな街を作っていくシミュレーションゲーム。
良くできたソフトでインフラを整えないと街は大きくならないし、税金を上げると住民は減るし、操作をしているだけで
為政者になった気がしてくる面白いソフト。
これでガス水道電気などのインフラを最初にきっちりおさえておくと街の成長速度が速い。
試しに電力をカットしてみると、どうだろう犯罪等が頻発し街はたちまち荒廃し住民は逃げ出す。

この国は将来の電力増加を見越した発電所の開発を1990年代から怠ってきた。そのツケが2週間ほど前から、何の前触れもなく訪れた。
計画停電。日に何回か地域持ち回りで停電。我が家はどういう巡り合わせか朝飯夕飯時停電。
乾物、コーンフレークなどで対応していたが、どうだろう先の土曜から停電しない。
Escom(政府系電力会社)のHP(http://www.eskom.co.za/live/index.php)ではLOAD SHEDDING IN PROGRESSとレッドゾーンをオーバー中。
住民からのクレームでのせいか、南アの主要産業である鉱山関係の電力を停止し一般に電気を回したらしい。
週末は平和に暮らせたものの、今度は産業界がパニック。主要な金やダイヤの採掘が中止。一旦電気を落とすと電気を入れてから36時間経たないと電気が使えないらしい。
日雇い従業員には当然給金が出ず、不穏な空気が漂い始めている。世界の金市場にも影響が出るのであろうか。

向こう7年間はまっとうな電力供給が期待できないとの報道があり、街からは蝋燭やランタン、カセットボンベ、卓上ガスコンロ、発電機などは次々と姿を消す。
各家の電気フェンスによるセキュリティーも停止。
ひょっとするとこれが国崩壊の予兆か。我々は歴史の証人になるのか?

シムシティー。南ア政府はこのゲームを使ったことがあるだろうか。

b0113131_2214218.jpg
Nokton58
b0113131_2252444.jpg
Summitar50
b0113131_329994.jpg
Nokton58
[PR]
by sa55t | 2008-01-30 02:26 | 生活
<
■ 使用人を使わない
南アのほとんどの家庭ではメイドを雇っている。
従い主婦や主人は家事をほとんどやらない家が多い。
食ったら食いっぱなし、脱いだら脱ぎっぱなし。
たらふく食って、家事をせずにダイエットに走る。
多くの家にはメイド専用部屋が有り、そこに住まわせ身の回りを全てやらせる。
外回りもやらない。ほとんどの家庭はガーデナを雇っている。窓ふきや外回り一般を芝刈りとともにやらせている。
芝刈り機を買っても開ける段からガーデナにやらせるため、その使い方を知っているものは少ない。

一度友人を捕まえこの事を詰ったことがある。
彼曰く、外の世界から見ればそれはもっともな事かも知れないけれど、この国にはこの国の事情がある。
国民の90%の黒人とカラードの仕事を我々が奪ってはいけない。
彼らの職場を創世することが我々の義務である。彼らに幾ばくかの給金を払うことが我々の義務である。
我々は家事をしてはいけない。

なるほどと感心して良いものやら、詭弁にも聞こえなくもない。

我が家は2つの理由でメイドとガーデナを雇っていない。
1.日本にはほとんど無い芝のある庭を自分で手入れする経験がしたかった。
2.使用人が外と通じ、賊を招き入れケースが多く有り、それは避けたい。

しかし床掃除を含めた家事はおろそかになり、久々の芝刈りやプールのメンテナンスで体がきつい。
しかし歩くことが出来ないこの国では良い運動と前向きに取り組んでいる。
他の日本人多くは土日は家族で夫婦で家事を何もせず遊び回って黒人たちの職場提供の一翼を担っている。
私などは非国民的外人なのであろう。
(この項別掲予定)


b0113131_23385468.jpg
b0113131_23391719.jpg
b0113131_23394565.jpg
D80/Nokton58/Ultron40
[PR]
by sa55t | 2008-01-28 05:42 | 生活
<
■ プラネットアース
所謂ネイチャーフォトは撮らない。
しかしナショナルジオグラフィックは凄く好み。たまに買うしああいう写真は是非撮ってみたいと思う。
毎年恒例のオークラで開かれるナショナルジオグラフィック主催の年頭パーティー。
何かの弾みで毎年招待状が来るようになり、立食ながら 九兵衛の寿司に舌鼓を打ちながら関係者と歓談。広告代理店の方が多い。
何冊か写真集も頂き重いのはそっちのけで毎年うきうきして帰った。

プラネットアースを買った。
NGの映像版?とも思えるBBCの作品。
「凄い」を通り越して「絶句」の連続。地球ってこんなところがあるのだと感動しきり。
同じ映像を撮るものとして、このカメラマンたちの執念の映像にはただただ脱帽。
そしてNKHがお呼びもつかないBBCの実力にこれまた脱帽。
凄すぎます。

b0113131_1133119.jpg
b0113131_121437.jpg
b0113131_125691.jpg
D80/Nokton58
[PR]
by sa55t | 2008-01-27 01:15 | その他
<
■ 眠い寝室
日曜はけだるい。
日曜は雨。今日もあめ?
昨日までは疲れた。
今日は電気も来ない。
周りが、全部止まっている朝。

b0113131_13342358.jpg
b0113131_13344679.jpg
b0113131_1335130.jpg
b0113131_13351875.jpg
D80/Nokton58 RD1/Rokkor90
[PR]
by sa55t | 2008-01-20 01:12 | 南ア
<
■ ランドセル1
KCNが待ちに待ったランドセルの来る日。
お前は朝からそわそわと何度も玄関から外を覗く。
そして待望のピンポン。
来た来た、ついに来た、長く長く待ったランドセル!
シャチハタ持って飛び出した。

b0113131_0524055.jpg
b0113131_0531296.jpg
b0113131_054611.jpg
b0113131_1383338.jpg
D50/Nokton58

さあ、お前も小学生だ。
[PR]
by sa55t | 2008-01-09 01:03 | 日本
<
■ 東京
温泉でジジ孝行。
やっと我が家でお正月。
年末からの準備はままならず、簡易正月と相成った。
年に一回、正月ぐらいはちゃんとしたいが年々手抜きになってくる。

b0113131_21264682.jpg
b0113131_2127198.jpg
b0113131_21275636.jpg
b0113131_21281361.jpg
b0113131_21283494.jpg
b0113131_21285383.jpg
b0113131_21291273.jpg


何なのこの塩は?
また別項で登場。
D50/Nokton58
[PR]
by sa55t | 2008-01-02 21:31 | 日本