■今日もはれ
sa55t.exblog.jp
Top
<
<   2008年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
<
■ 鶴首の思いって知ってる? 「仮面の告白」座談会
b0113131_655584.jpg昨年末に好評を博した覆面座談会につき、次回日程の問合せが多数寄せられておりました。
そこで急遽下記日程にて開催することになりました。つきましては、主旨に賛同出来る方の参加を乞う。

・テーマ 「Blogの将来拡張性と絶望」
・日時: 2008年5月1日(木) 19時pm-22時pm(途中参加・退席可)
・場所: 代々木・新宿界隈の飲み屋(参加者に後日連絡)
・目的: もちろん「こんなヤツがこんなBLOGを!」のサプライズ!。
・注意  カメラ、レンズの話は御法度、写真の話も禁物。覆面着用に付、飲み食いの不具合ご承知おき下さい。
・服装: 覆面着用のこと。不許裸。
・費用: 5千円以内には収めたい
・首謀者: sa55t, casta6c, carlosgon
・申込み: 上記いずれかのBlogにご連絡を下さい。鍵コメでも結構です。
・申込締切: 2008年4月29日(火・祝)の24時(日本時間)
[PR]
by sa55t | 2008-04-29 23:59 | その他
<
■ 楽園はあった モルディブ
b0113131_0521194.jpg
モーリシャスはうらぶれた、テキスタイルとサトウキビ栽培が盛んなただの田舎の島。
セーシェル、うーん、こちらでは鳥の楽園、バードウオッチングの為の島。
そしてモルジブ。
うわ、これはいわゆる日本人考える「楽園」ぽいところ。やっぱりあるんだね。

b0113131_048126.jpg
b0113131_0483894.jpg
b0113131_0491972.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-26 00:53 |
<
■ ナマハゲて、生の禿げなの?
「ナマハゲて、生のハゲなの? 柔らかいの?」(by ラーメンズ)

さてさて強烈なブラックユーモアサイト「観光ガイド」
あなたはこのブラックに耐えられるか? 心に余裕は?

東京都民のための[全国観光ガイド] 
作者曰く「東京都の外には危険がいっぱいです。言語は辛うじて通じるものの、東京都以外の道府県は、私たち東京都民にとって全くの異世界です。文化、風習、食習慣、全てが違います。安全に旅ができる県もあれば、命がけの旅になる県もあるでしょう。」
だって、よく作るよ。


今日のトピック写真資料。昼食の支払い(破綻した国ジンバブエ 2月のインフレ10万%!!!!!!)
食事前の支払いと食事あとの支払いと、どっちで払います?当然値段違います。
b0113131_156247.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-25 02:03 | その他
<
■ まぶしい朝
昨日の夜の大パーティー200人は招待しただろうか。
コンベンションセンターのバンケットで飲んで喰って、で今日は寝坊。5時起床。
あーもー今日は面倒だと読みかけの読書の続き。佳境に入っていたが、やめることが出来たのが7時。
あー、停電。コーフレークで朝食。8時までにオフィスに行けるかな?

RD1/Biogon25/M-Rokkor40
b0113131_1654235.jpg
b0113131_166853.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-23 16:07 | 生活
<
■ サクラは撮らない
この時期、どうしてもサクラ。でもサクラを撮ることが極端に少ない。
それは2つの理由からか?
1,ジジババ臭い
さくら、富士、祭り、動物、花、紅葉→三脚とバックパック→ペンタ645→「先生ぇ!先生ぇ!」→富士フォトサロン→撮影データ付き展示 おおこわ。鞄にレンズいっぱい?逝ってよし!
2.春は悲しい病
秋はもの悲しいが、春も負けずにもの悲しい春愁。特にサクラの時期。
ジジがジジと思われたくないが為の自己防衛?若作りのジジ?そんな気持ちでサクラを撮らない。だいたいこれらは専門家が五千万人ほどおり、もうお任せ。
で、春は新緑ね。このころになると毎年元気が出て、目に強烈な緑は本当に心が休まる。
この春もいっぱいのサクラの写真。中にはホント凄い撮り方の人が数人。あんなに撮れる感性があれば撮りたいな。
東松照明のサクラ、これはすごい。
でもサクラは本当に綺麗。日本人に生まれて良かった。サクラは見て楽しもう、歩いて楽しもう。出来れば手にお弁当をもって。

で、どんな写真が撮りたいかって?
フライパンとか
古着とか
誰もいない東京とか
工場とか
冷蔵庫とか
6畳間のアパートの部屋とか
そうゆーのだーいすき。誰のだかわかっちゃった?

AotoCord/Konika赤外
b0113131_358591.jpg
b0113131_3592263.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-22 04:06 | 日本
<
■ 山妣 やまはは
新潟の明治末期の山奥の雪深い山村を舞台としたのお話。怪奇伝説とも言える直木賞受賞小説「山妣」
この領域は坂東真砂子の得意とするところ。「桃色浄土」もそうであったがそれぞれの時代のまたそれぞれの地域の澱のようなものが凝縮され、彼女独特のドロドロ感に時間のたつのを忘れて没頭する。この豪農の住まいなど、子供ころ訪れた関川村の大きな農家とイメージがダブり臨場感はひとしお。いろりの上に渡された大きな煤けた梁。中三階とも言える天井付近の部屋、そしてもちろん分厚い茅葺き屋根。こんな中で2-3日遊んだ記憶がある。
当時?の新潟弁も秋田訛りもきつくて意味不明なところがますます時代感なり地域感を盛り上げまさにその時代のまっただ中にいるような錯覚を覚える。
彼女は一応「死国」等、ホラーということで名を馳せたが、これら伝奇小説でその真価が見える。そして彼女の小説で一番怖いのは女の情念。短編集「葛橋」の中の「一本樒」これは本当に恐ろしい、げに女性は恐ろしや。タヒチで色々あった人だけれど、作家はそのぐらい話題性がないとね。

さてさて山妣の主人公はこんなカッコウで野山を駆け巡っていたのか?
D80/Tam17-50
b0113131_30479.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-21 03:06 |
<
■ 東京郊外
今年に入ってから見つけたBLOGがあります。
中判で撮られた印象的な数々の写真。コメントも憚られるようなところがあるけれど
写真はとても印象的で私などおよびもつかない。私が絶対に入っていけない領域。
そして彼女はさらにもう一つのBLOGも立ち上げていた。本日発見。こちらももう凄くて近寄りがたい雰囲気。私が「写真」と認めるカテゴリーのうちのお一人とまた出会えて、大変満足。
コメント入れても返事を書かないのが通例らしく、ココもまたナイス!
BLOGは数多くあれど、いわゆる「写真」と呼べるものが少なくて彷徨って(この漢字嫌い!)巡り会った感じが。
良いギャラリーをやっと見つけた感じのけだるい土曜日。
これからもそっと見させて頂きますね。

しかし彼女はココに紹介されることを快く思っていないかも知れない・・・・・。

RD1/Biogon25
b0113131_01514100.jpg
b0113131_0155517.jpg
b0113131_0164322.jpg
b0113131_017203.jpg
b0113131_0175616.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-20 00:51 | 日本
<
■ パンを焼く、ケーキを作る
パパはパウンドケーキを作りました。
良くできました、はなまる。日本に持って帰るよ、そのうち。
と言ってもこれは体に毒です。絶対に良くない。
何故??そうなぜ?
だってだよ、パパの一年の砂糖の消費量500g以下。(一年前に買った500gの砂糖がまだ砂糖缶に残っている)
パパの一年間のバターの消費量500g以下。
卵、これは6個入り買ってきていつも4個は捨てる、つまり2個しか食べない、がしかし、この一年で6個ぐらいしか食べていない。

そのパパが、作った作った「パウンドケーキ」
が、その内容が自虐的自殺的。
ケーキフラワー(小麦粉ね)250g
無塩バター250g
砂糖300g
卵6-7個(250g相当)

これをこねてこねて型に入れてオーブンに入れて焼くこと一時間強。
そして出来ました、おいしいです、3日で食べました、ごちそうさま。

と言うことは半年の摂取量を3日で食べる。こりゃ確実に死にますね。
ただでさえ中性脂肪が許容の6倍、こりゃいつ死んでもおかしくはない。南無!

RD1/Biogon25
こねてこね型に入れてぇー
b0113131_0103350.jpg
180℃で1時間経ったら竹ぐしを刺して焼け具合を確認。
b0113131_01184.jpg
さ、綺麗に出来ましたぁ。チョット焦げすぎ?
b0113131_0114121.jpg
これは指導者Mさんの手作りパン、今回は小麦粉だけ(薄力強力半々のトライアル)、さすがシェフの味。
b0113131_0121314.jpg

で、Mさん。パパがレンズを見るとついつい買っちゃうのと同じように、包丁を見ると次々に購入。台所の引きだし包丁だらけ。レンズだらけよりやっぱり怖い。
あー暇な週末だ。
[PR]
by sa55t | 2008-04-19 00:33 | 生活
<
■ ご近所写真
パパ達はクラスターと言う所に暮らす。
よくわからないね、ココでは一般戸建て住宅とクラスター住宅がある。マンションはほとんどなくクラスター内のアパートはある。
戸建てはもちろん一軒家で、「クラスター」とはその一軒家の集合体で大きな塀に囲われている。
つまりガード付きの門扉と大きな塀、塀の中に戸建てが20戸から大きいところだと3-400戸。
一軒家ではセキュリティーを全部自身で賄わなければいけないが、クラスターはガードも電流フェンスもあらかじめ備わっている。
まず塀は高圧電流フェンスが巡らされている。さらにパパの庭には四方八方にセンサー、家の中はモーションセンサーの三段構え。
そして寝室入り口を鉄格子(ティエリードアって言うね)でガチャンと締めて、ハイお休み。
長く住んでいると、このガチャンの音を聞くとホッとしてゆっくりベッドで手足を伸ばすことが出来る。
クラスター内では歩くことは出来るけど、クラスターとて色々危険。
ゲートをリモコンで開けてクラスターに入るとき、もし後に車がついてきて、一緒に入ったらこれはこと。
家のガレージに着いたところでホールドアップ。もしこういう輩がいたら一旦クラスターから出て様子を見てから入り直し。
面倒くさいがこれも安全のうち。そのうち慣れるものだ。

RD1/SWH(1024版)
b0113131_129392.jpg
b0113131_130163.jpg
b0113131_1305237.jpg
b0113131_1313375.jpg
そしてパパの家のお向かいさん
b0113131_1544267.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-18 00:54 | 南ア
<
■ Sandton散歩
昼食がてら、副都心Sandtonを散歩。あまり歩いてはいけないが、少しならOK。
まあ、今日もお天気で「悲しいほどお天気」
秋などなく、たぶん5月から寒い夏に入る。こちらの冬は朝夕冷えて(4℃)昼は14-5℃。
そして毎日毎日はれハレ晴れ。
このBLOG立ち上げ当初、オールモノクロのはずだった・・・・・が、負けましたこの晴れに。

FZ7
b0113131_1333967.jpg
b0113131_415136.jpg
b0113131_1351539.jpg
b0113131_1361731.jpg
b0113131_473653.jpg
b0113131_140567.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-17 01:43 | 南ア