■今日もはれ
sa55t.exblog.jp
Top
<
カテゴリ:欧州( 16 )
<
■ パリ、夏便り
ぱらぱらと、パリの夏便りが着き出した。
今年はそんなに暑くないとか。
文化のある夏、文化のある街。いいなぁ。

GR1/TX
b0113131_544849.jpg
b0113131_55555.jpg
b0113131_552667.jpg
b0113131_554495.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-07-27 05:13 | 欧州
<
■ 左岸の夜気
すっかり暮れなずんだ後も浮かび上がるパリ。
ライトアップされたモニュメントを尻目にひたすら左岸を歩く。
とっぷりと暮れ、休んだCaféのオムレツの価格の高さに度肝を抜かれる。
単純なオムレツ2皿、カールスバーグ小瓶2本で€30!!!!!(4800円)
こんなに高いともうパリには来られないか。
オーケー さよならパリ。

RD1/Summitar50
b0113131_243890.jpg
b0113131_25744.jpg
b0113131_252872.jpg
b0113131_264659.jpg
b0113131_271841.jpg
b0113131_273975.jpg
b0113131_28320.jpg
b0113131_282391.jpg
b0113131_284571.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-04 02:11 | 欧州
<
■ 浅き春
春が来ているとはいえ、本格的にはまだもう少し先。
だから日が暮れ出すと一気に暗くなり始める。
夏が10時過ぎまで明るいことを思うとまだまだ冬の影を引いている。

RD1/Summitar50
b0113131_3343378.jpg
b0113131_3345430.jpg
b0113131_3352297.jpg
b0113131_3355153.jpg
b0113131_3361173.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-03 03:37 | 欧州
<
■ Zazie dans le métro
そう、「地下鉄のザジ」。ザジは田舎からやってきた女の子。楽しみにしていた初めてのメトロがストで乗れなくて、それから何やかにで始まる喜劇。ザジの回りには奇妙奇天烈な人たちが集まり、だんだんと騒ぎが大きくなってゆく。
古い映画です。1960年ルイ・マル監督。ルイ・マルが何で?というシュールな喜劇。ちょっとアメリに通じるかな?

RD1/Summitar50
b0113131_2333724.jpg
b0113131_2335840.jpg
b0113131_2342354.jpg
b0113131_235091.jpg
b0113131_2351910.jpg
b0113131_2354887.jpg
b0113131_2382295.jpg


そして外に出ると、いよいよパリは闇に包まれ始めていた。

b0113131_2393267.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-02 02:41 | 欧州
<
■ エッフェル塔
カタや万博記念、カタや高度成長前夜。
そのファンクションは同じはずであろうにその様相は大きく異なる。当時であっても多くの政治家、設計者達はいやと言うほどこの塔の姿は十分承知のはず。当時は日本の技術が上だったはずだ。が結果はご存じの通り。やはり「どうして」はぬぐえない。

RD1/Summitar50
b0113131_15525110.jpg
b0113131_5371810.jpg
b0113131_5374028.jpg
b0113131_5381179.jpg
b0113131_539612.jpg
b0113131_5392719.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-04-01 05:42 | 欧州
<
■ 雨上がり パリ75008
ここでは珍しい夕立の後はいきなり雲が切れだしまぶしい夕日が差し込む。
一瞬にしてパリ8区は異様なオレンジ色に包まれた。
この劇的変化を実際目の当たりにするとその歴史的建造物と相まって目の眩むような光景に立ち尽くす。

RD1/Summitar50/Ultron28
b0113131_3313598.jpg
b0113131_326183.jpg
b0113131_483964.jpg
b0113131_327299.jpg
b0113131_3272420.jpg
b0113131_3274670.jpg
b0113131_3291864.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-03-31 03:38 | 欧州
<
■ 通り雨 パリ
パリで大雨の記憶はあまりない。
今回は到着した途端に大雨の中をバスチーユまで向かう。
最近はまともにこの街の写真を撮っていない。前々回はミューデジタルだけ、前回はFZ7だけ。
じゃ少しはまともなカメラをというわけではないがスエーデンで買いそびれたカメラの値段チェックのためにまずはバスチーユ界隈へ。
ここはフィルムカメラの中古屋が多く、それだけでほっとする所。中には大判専門店、8mm16mm専門店などもあり、写真も含めた映像に対するフランスの懐の深さを垣間見るのと同時に、こういう事が成り立つ売り手や買い手の文化の深さを感じる。
雨上がりの横断歩道を渡りカメラ屋のドアを開ける。

RD1/Ultron28
b0113131_6812100.jpg
b0113131_684717.jpg
b0113131_69831.jpg
b0113131_692535.jpg
b0113131_69473.jpg
b0113131_610994.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-03-30 06:14 | 欧州
<
■ 大きな窓の部屋 イヨーテボリ
宿の並びには、たぶんサマーハウスと思われる瀟洒な小屋が列んでいる。
日本と違い台風などの大きな自然災害の少ないお国柄で、こういった海辺の家も
それなりにゆったりと過ごせるのであろう。理由は不明だが塩害も酷いようには見えず
そうなると海辺の家も良さそうと、厳冬を知らない日本人は甘く考えた。
そう、隣の家の窓も大きく、景色を堪能出来ることだろう。

D80/Tam17-50
b0113131_135167.jpg
b0113131_1353648.jpg
b0113131_1362735.jpg
b0113131_137335.jpg


そして明日はパリに向かいます。
[PR]
by sa55t | 2008-03-29 01:42 | 欧州
<
■ スエーデンハウス
ま、これが本物なんでしょう。簡素でがっしり。日本ではオーバークオリティー。
北海道では良いんでしょうが関東以西ではどうかな。
二重ガラスを二重にするってのが印象的。

RD1/Summitar50
b0113131_16154247.jpg
b0113131_1616371.jpg
b0113131_16162174.jpg
b0113131_16163951.jpg
b0113131_16165678.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-03-27 16:21 | 欧州
<
■ 海上
気温2℃、水温3℃、風速5m。こちらの人に言わせると穏やかだそうだ。
急遽空港でそろえたポーラテックの股引、防寒帽の効果も薄く、目から涙はボロボロ、頬は千切れそう(頬が千切れる???)。
たぶん二度と来ないイヨーテボリの海を目に焼き付けよう。

RD1/Urtlon28
b0113131_1413230.jpg
b0113131_14132394.jpg
b0113131_14134475.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-03-27 14:22 | 欧州