■今日もはれ
sa55t.exblog.jp
Top
<
カテゴリ:その他( 57 )
<
■ 夜の太陽
この前の満月は皆既月食。4時に目が覚めてベランダに三脚持ち出してバシャバシャやっていたら皆既の時に一気に雲が。
ファインダー越しに初めて見る月。月がこんなに明るいなんて知らなかった。
そういや、月夜の人影ってくっきり出ていたな、大昔の自分の影を思い出した。

手持ち!FZ7
b0113131_450184.jpg
b0113131_4511765.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-03-22 04:52 | その他
<
■ エッフェル塔は撮っちゃ駄目 Les Images des Louis Vuitton
Les Images des Louis Vuitton
以前は良くパリへ行った。
市内撮影は楽しみの一つ。しかし凱旋門は撮らないしエッフェル塔も撮らない。
決して嫌いではない対象だし見た目にも歴史的にも大変美しい対象物。
でも撮っても出しはしない。これは撮っていけないと内なる声が告げる時がある。
裏町を坦々と歩き撮り続ける。記号としてのパリを追うな。
しかし最終的に撮ったものを見ているとなんと記号の多いことか。まだまだだ。

既にご存じの方も多いでしょう。VuittonのCMにパリ版やNY版、そしてモスクワを撮影したモスクワ版がある。これらの35mmで撮られた思われる絵はどこにでもあるような、しかしパリはパリ、NYはNY。こんなスナップを撮れるようになりたい。(それぞれの街の一番左をクリックするとスナップ閲覧に入れます。音と絵、堪能ください)
ああしかしNY版に「By Agassi」とある。本当に彼が撮ったのか?であるなら即刻写真家に転向した方が宜しい。
ラケットを捨てフィルムを詰めろ!!

b0113131_263390.jpg
b0113131_265484.jpg
b0113131_2383729.jpg


髪の長い写真家、だ〜れ?
[PR]
by sa55t | 2008-03-01 02:16 | その他
<
■ 号外 ポールフレール逝去
好きな人だった。
論調もすきだった。
ご冥福をお祈りする。

本日26日より、下記の斎場にて、献花、メッセージなどを受け付けているとのことです。
athanee de nice 
42/B, AVENUE SAINT AUGUSTIN
06200 Nice, France

Tél: 04 92 29 25 25
Fax: 04 92 29 25 29

葬儀
2月29日(金)午後3時15分から、30分程度の葬儀がニースの斎場にてにて行われる予定です。

■フレール,ポール氏略歴
1917年生まれ。元F1ドライバーであり、1960年のルマン24時間レースでは、フェラーリに乗り優勝に輝いた。
レースを引退後は自動車評論に専念し、キャリア50年の現在も世界で最も信頼されるモーター・ジャーナリストのひとりである。
1967年の来日以来、日本の雑誌等との関係も深い親日家。
[PR]
by sa55t | 2008-02-27 13:55 | その他
<
■ あのころの君
どうしてますか。元気でしょうか。
あのころの君は写真に悩んでいて、会社を辞めてプロになろうと悩んでいたか、いやすでに売れない駆け出しのプロであったか。
いろんな写真の話をしましたね。撮影もたまに一緒に行きました。
どうしてますか。元気でしょうか。
もうプロでがんがんやっているでしょうね。BLOGなんかも立ち上げて、もしかするとこれ見ているかも知れない。
懐かしい写真が出てきました。そして君の事を思い出しました。
君は確かEOS1、私はマミヤプレス。変な取り合わせで似たような被写体追ってましたね。

b0113131_3152024.jpg
b0113131_2034387.jpg
E100S/Z5P
b0113131_3171824.jpg
EPY/Minolta AutoCord
[PR]
by sa55t | 2008-02-24 03:28 | その他
<
■ 歯が痛かったウィリ
昨日は歯痛で休んだよ。
ジャーナリストか?
-いや、フォトグラファーだ、今度家族の写真撮らせてくれないかな。家族いるだろ
子供は2人、11歳と6歳。私は南ア人でPedi族である。
どうやって会う?
-いつも朝ココにいるだろ。ココで会おう。

とりとめのない話の最中も嬉しそうに写真を見ていた。

b0113131_18521657.jpg
F30
[PR]
by sa55t | 2008-02-20 14:46 | その他
<
■ プラネットアース
所謂ネイチャーフォトは撮らない。
しかしナショナルジオグラフィックは凄く好み。たまに買うしああいう写真は是非撮ってみたいと思う。
毎年恒例のオークラで開かれるナショナルジオグラフィック主催の年頭パーティー。
何かの弾みで毎年招待状が来るようになり、立食ながら 九兵衛の寿司に舌鼓を打ちながら関係者と歓談。広告代理店の方が多い。
何冊か写真集も頂き重いのはそっちのけで毎年うきうきして帰った。

プラネットアースを買った。
NGの映像版?とも思えるBBCの作品。
「凄い」を通り越して「絶句」の連続。地球ってこんなところがあるのだと感動しきり。
同じ映像を撮るものとして、このカメラマンたちの執念の映像にはただただ脱帽。
そしてNKHがお呼びもつかないBBCの実力にこれまた脱帽。
凄すぎます。

b0113131_1133119.jpg
b0113131_121437.jpg
b0113131_125691.jpg
D80/Nokton58
[PR]
by sa55t | 2008-01-27 01:15 | その他
<
■ ご紹介 こちらもご贔屓に
またまたご紹介。
といってもこちらは身内のご紹介。
銃後を守るパパ無き日本の母子家庭。
サラリーマン主婦の奮闘記。

ニヨボ殿はこの度exblogへの移管も完了し、着々と記事を掲載中。
写真家?sa55tの指導の下に写真の質も向上中。一部sa55tを凌駕したとの声も。
機材はGX100/D50でのぞみます。

「今日もはれ」共々今後ともご贔屓に。
どうもこちらのBLOGを読んでいるようでコメント頂いた皆様方のお名前は存じ上げているようです。某のコメント頂ければ幸甚でございます。

It's always darkest before the dawn

sa55t拝

b0113131_21475422.jpg

[PR]
by sa55t | 2008-01-18 05:28 | その他
<
■ アイハルさん スキャン解説
全国一千万のフィルムスキャンファンの皆さん、こんにちは。
今回は緊急にご紹介したい方がおります。
いつもカキコでアドバイス等頂いておりますアイハルさんが私の惨状を見かねてスキャンデータ等倍の解説を掲載頂きました。
アイハルさんはスキャンされた素晴らしい絵をBLOG上で展開され、いつも参考にさせて頂いておりますが、今回は35mmはNIKON COOL SCAN 5、66はEpsonのGT-X900で光学最大解像度でご解説頂いております。

全国一千万のフィルムスキャンファンの皆さん、これは参考になります。
これからスキャナに挑戦しようという私のようなフィルムファンの方にも参考になると思います。
なにかNが良さげに見えてきました。4x5まで出来るという触れ込みのEpsonにやられたか、個体の問題か。いやいやココは大人の我慢であります。
[PR]
by sa55t | 2008-01-15 14:58 | その他
<
■ エプソン顛末 F3200ってこんなモン?
全国一千万、ネガスキャンファンの皆様今晩は。ってだからだれ?
我がスキャナF3200が帰ってきました。
この不具合はここに詳しい。

まずはなんとYoshipassさんの写真展を見ている最中にEpsonから電話。

E「本機試してみましたがあの画質が仕様でして、あの程度が限界かと」
sa「!!!! なにぬかすねん!あれが仕様だと! なにボケいってんねん!」
E「いやいやそういわれましても」
sa「キャタピラちゃんと見えないでしょ、ネガはばっちり出てるんだから! ちょっと天下のEpsonでしょ。その辺のインチキメーカーじゃ無いのだからちゃんと対処してください!」
E「では上司と相談し・・・・」
sa「上司関係ないから治しなさい!」がちゃ!!
Yoshipass「・・・・・・・・」

てなやり取りをお恥ずかしくもN潟のギャラリー内で繰り広げました。

暮れも押し迫った31日、修理完成品は到着しましたが、ワイヤー類は無くやむなくこちら前持ち帰りテストと相成りました。

結果から申し上げると、写真のサンプルとしては見られるようにまではなった。
ネガから起こすとはこの程度の事なのかと釈然としない。
他の方のネガのアップ写真を見るとグレーの階調が綺麗に出ているものも多くあり
うらやましい限り。時間はかかるがEpsonのFBに挑戦してみよう。
しかぁし、この国にはEpsonのGT某のFBスキャンは無し!!
皆役にも立たぬ複合機ばかり。とほほ、また日本から持ち込みか。いつの事になることやら。

いわゆるBefore/Afterです。こんなものでしょうか? 皆さんのはもっと階調豊かに再現されてますよね。しかしこれでしばらくは我慢。

これが問題のそれ。
b0113131_24141.jpg
b0113131_1405816.jpg
b0113131_1413469.jpg
b0113131_14597.jpg
b0113131_1454180.jpg


坂の上の雲(PG)
[PR]
by sa55t | 2008-01-14 02:07 | その他
<
■ アートとしてのセルフポートレート 隼人加織
b0113131_1824325.jpg先日の写真家 飯塚さんに引き続きのご紹介。隼人加織さん。
彼女は写真とは全く関係のない音楽のアーティスト。プロ歌手。

しかし彼女のBLOGにいつになく触発された。若い女の子の単なるBLOGにおさまらない、何か凄く引きつけられたセルフポートレートの数々。とにかく毎日、日に何度も(たぶん携帯から)エントリーしてくる記事には携帯で撮ったと思われる自画像がかなり出てくる。何の気取りもないその瞬間の彼女の表情に、小難しい事を言い、小難しいカメラで絵を撮る者からは得られないリアルな現実や造られた幻想が浮かび上がる。
無意識の意識はこんなに強いものか。ミニマルな機材の撮影に真実が潜む。見習わなければ。
b0113131_1825569.jpg男の誰かがこれをやるとナル入ってると揶揄されそう内容も女だとそんなものかと皆が納得。女得。
で、ふと気がついた。自分ってどんな顔をしていたのか?
普段、朝顔を洗う洗面所の鏡が唯一自分の顔を見ることが出来る時間。しかし自分の顔を見ていない。気がついてみると何年もじっくり自分の顔を見ていないから、たまに撮られた自身の写真を見て愕然とする。なんと自分のが持っているイメージとはかけ離れた自分が世の中に顔を晒していることだろう。
少し彼女をまねて自画像を撮ってみようと思う。そんな時はケータイが良いだろう。ケータイ写真は使ったことが無いけれど、まあボタンを押せば写るはず。
そしてオヤジ顔の自分、仕事場での写真、父として夫として、どんな顔でこの荒波を切り抜けているか、一度見つめ直すのも面白い。男は40過ぎたら顔に責任を持て!と言われて早幾年月。自分だけの秘蔵写真。

ただのきれいきれいな歌手に止まらないでビッグな歌手になってください。ガンバ!隼人加織
今回は彼女に連絡取るすべも無く無断掲載御免蒙。
隼人加織さんのBLOG。若い方とは思えないしっかりとした考え方をお持ちです。
彼女の音声とライブの模様も見られます。映像と音声
[PR]
by sa55t | 2008-01-12 19:21 | その他