■今日もはれ
sa55t.exblog.jp
Top
<
■ R指定 我々日本人へ
パレスチナへの空爆直後の映像がyoutubeで公開されている。
怒号、死体、肉片の山である。
ココのみならず、ムンバイしかり、9.11しかり、DRCのゴマしかり。
アジアやアフリカの撤去されずにいる億という地雷。
喰うや喰わず飢饉で骨と化して死んでいく子供たち。
年間2億%のインフレの国。
どうも我々にはピンと来ない事象ばかりであるけれど、世界で起きている(起きていた)現実には目を見開き対峙すべきだし、島国の、ほとんど平和ボケしてしまいそうな、我が国の危機意識の希薄さがどうも世界とずれている気がする。
平和や暴力反対を叫ぶのはたやすいが、いざ現場に直面した際は、どう対処すべきか、場合によってはどう戦って行くのか。
広島長崎も東京大空襲も沖縄戦も風化しつつある今、本当にそれらに怯え憎んでいた世代がほとんどいなくなり、バーチャルに戦争反対を叫ぶ我々の声は世界に対してか細い。
日本が紛争に巻き込まれることは望まない。しかし何処でどうなるか分からない将来に、やはりこういう現実が、今現在世界の各地で起こっている事に目をつぶってはいられない。
父母を含め多くの人たちがこんな中を生き抜いた。


[PR]
by sa55t | 2009-01-07 01:17 | その他